:: びっくり日記

L⇔Rのリクエストリスト

2007.10.11

日記フォームからコメントいただきました。

> ミュージックビデオ専門チャンネルVMCで、
> 健一さん、L⇔RのPVを調べたところ気になる点がありました。
> 何故「LAZY GIRL」がないのでしょうか?


あ、ホントですねー。
VMCのリクエストリストを見ると「LAZY GIRL」がありません。「Remember」も欠けてます。

(I WANNA)BE WITH YOU
BYE
Bye Bye Popsycle
DAY BY DAY
GAME
HELLO IT'S ME
KNOCKIN'ON YOUR DOOR
NICE TO MEET YOU
STAND
アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
恋のタンブリング・ダウン


そして、「Bye Bye Popsicle」の微妙なスペルミスが気になって仕方ない。

Bye Bye Popsycle(誤字)


一方、MUSIC ON! TVのリクエストリストを確認すると、
ちゃんと「Remember」はあるのに、ポリスター時代のPVは完全スルー(笑)

NICE TO MEET YOU
KNOCKIN' ON YOUR DOOR
STAND
DAY BY DAY
REMEMBER
HELLO IT'S ME
アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
GAME
BYE


さぁ、がんがんPVリクエストしてL⇔R再評価の機運を盛り上げていきましょー。

それにしても「Bye Bye Popsicle」というタイトルは、ときに「Popcicle」や「Popsycle」と書かれたり、
挙句、晴れの場である服部良一音楽祭では「Popside」とテロップ出たり、なんだか不憫に思えてきます(笑)


■ Bye Bye Popsicle(Crusin' Mix)/L⇔R


> TMの新曲は「マッチョドラゴン」並に脱力する・・・

いやいや、ドラゴン藤波御大に比べれば、TMの新曲なんてまだまだ到底及びません。
「マッチョドラゴン」の破壊力をドラゴンスクリューに例えるのならば、
TMの「Welcome Back 2」は、所詮スピニング・トゥ・ホールド程度の痛さです。

> SPEEDWAYは予約必須です(笑)

間違って本当に昔のSPEEDWAYのCD買っちゃったりしたら悲劇だ(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::L⇔R


魔法の小箱

2007.09.10

SE-U33GX+

1日2~3本ペースでL⇔Rのカセットテープ→PCへのダビングを続けております。

もちろんカセットデッキからPCへ直接接続しても録音は可能ですが、
できるだけ音質の劣化を抑えてデジタル化したいとは誰しもが思うわけでして、
アナログ→デジタル変換をサポートしてくれるUSBプロセッサーを導入することにしました。
性能と値段のバランスを考慮して、ONKYOのSE-U33GX+を購入。超定番商品です。
ビックカメラ有楽町店にて12,800円。ネットなら1万円以下で買えるお店があるかもしれません。

で、このプロセッサーって実際のところ何の役に立つのかといいますと、
カセットデッキとPCの間に挟み込むだけで、劇的にノイズをカットしてくれます。
(もちろん元々の素材が古いのでその効果にも限界はあります。また感じ方には個人差もあり)
僕は現在、以下のような環境にて作業中。

カセットデッキ
 ↓
 ↓
SE-U33GX→→コンポ(録音中の音をモニター)
 ↓
 ↓
ノートPC

フォノイコライザー内蔵なので、レコードプレーヤーを直接つなげることができるのも良いですね。
例えば「DAYS」や「Morning Sun」のAlternate Mixは現時点でCD化されていないので、
アナログからPCへダビングして、CD-Rに焼いたり、iPodに入れちゃえば便利かと思います。

・・・あぁ、こんなものまで買ってしまった以上もう後戻りはできない(笑)

SE-U33GX+ SE-U33GX+


■ RED&BLUE/L⇔R



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::L⇔R


黒研カセットテープ

2007.09.03

カセットデッキ

いままでなかなか着手することができなかった、
L⇔Rラジオ番組のデジタル化作業にそろそろ取り掛かろうかと思っています。
リアルタイムのL⇔Rファンである妻ニクルが嫁入り道具(?)として持ってきた録音テープが、
押入れの中にぎっしりと収蔵されていて、「MUSIC GUMBO」だけでも70本以上あるらしい。

・・・今年中に絶対ダビング終わらない(笑)

L⇔Rの前身、The Ragieesの音源も嫁入り道具の山からひょいと出てきたというので聴いてみました。
僕が持っているThe Ragieesのテープは、ノイズがひどくてメロディーが聴き取れないほどなんですが、
妻ニクル所有のテープは楽曲の輪郭が把握できるほどの良音質でした。歌詞まではよくわからないけど。

こうして、報われることのない地道な黒沢健一研究(黒研)は日々続くのであります。
成果報告はびっくり日記にて随時。


■ Robert Won't You Please Help Me/The Ragiees


> 力道山の空手チョップを受け、ジャイアント馬場の十六文キックを受け、
> ルー・テーズのバックドロップをくらい、フリッツ・フォン・エリックの鉄の爪をくらい、
> 和田アキ子の正拳突きを受けた肉体と俺達は接触したわけだ!まさに伝説に触れた一瞬だった!
>
> 一言:あれは絶対ドリーだった!


なぜ和田アキ子が名だたるプロレスラーと同列に語られているのでしょうか(笑)
たしかにデストロイヤーの存在そのものが、昭和プロレスの歴史とも言えるわけですよね。伝説の人。
あ、ちなみにサイン会の後、道ですれ違ったのはドリーじゃなくてジョニー・エースでしたよ。
だって、ドリーはもっとおじいちゃんですもん。ほら。

ドリーファンクジュニア



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::L⇔R


ミリオンヒット

2007.08.18

Let me Roll it!

何度も聴いた「Let me Roll it!」ですが、
いま初めて歌詞カード開きました(笑)
なかなかおしゃれで凝っております☆

それにしても完璧な名盤ですね。


■ KNOCKIN' ON YOUR DOOR/L⇔R



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::L⇔R


15th Anniversary!

2007.04.25



「Lefty in the Right」発売から、今日でちょうど15年。

そんなおめでたい日に届けられたのは、珠玉のカバー「Alison」。
そして、徳山くんへの提供曲完成の吉報。

毎年4月25日はクロケンXデー! ・・・なのか?(笑)

個人的に「Lefty in the Right」はL⇔Rのアルバムで一番好きな作品です。
その思いはすべて、こっ恥ずかしいびっくりコンテンツにて書き尽くしたはずなのですが、
いまこの日記を書きながらあらためて「Lefty in the Right」を聴いていたら、
「うわーやっぱりいいわ!古びない音楽だなぁ。ふがっふがっ」と鼻息も荒く。

このアルバムがリリースされた頃って、J-POPなんていうチープな言葉がもてはやされて、
ともすれば音楽界が陳腐な着地への誘惑に満ちていた時代だったわけじゃないですか。
レコード会社もリスナーもすぐに結果の得られるものを求めようとするから、
ヒット曲はわかりやすい構図に着地して、あっというまに消費されてしまった。
そんな拙速主義ともいえるCDバブルの萌芽の中において、
「Lefty in the Right」という迷宮のような作品の存在は異端だったのかもしれないけど、
だからこそ、15年という歳月を経た現在でも雄弁な音楽であり続けているのだと思うのです。

というわけで、これからもずっと大切に聴き続けていきたいアルバムなのですが、
デジタルリマスター&ボーナストラック(未発表音源)&DVDなんていう、
超豪華仕様の「Lefty in the Right~15th Anniversary Edition」がリリースされたら最高ですね。
いや、妄想です。妄想。

ちなみに、「LAND OF RICHES “Reverse”」発売からもちょうど13年。
「Doubt」発売からは10年ちょっと。

・・・ため息ばかりついているのかい?


■ 7 Voice/Lefty in the Right


> 教えて頂きありがとうございます!
> レコ発と聞いて、一瞬、健太さんのCRT?と思ってしまいました。
>
> 徳山くんブログに「マジ」が2回使用される程、先生は超マジモードなのですね。
> HPどころじゃないと!ご飯食べてますかねー。
> 先生の「本気」って生命の危険を伴いそうで誰かに見張って欲しいです。
> 先生ネタの時の徳山くんは確かにヒートアップしてますね(笑) 
> 先生、好かれてます。CDが楽しみですね。


「マジやばい位マジモード」という言葉にはどこか新鮮な響きがありますね。
そんなマジやばい位マジモードな健一先生の提供曲も完成したとのことですから、
そろそろ象牙の塔から俗世間に戻ってくるんじゃないでしょうか(笑)

> チケット確保が気になりますが、ひろニクルさんの熱いライブレポ楽しみにしてます!
> 私はCDを聴いたことないのですが、ひろニクルさん的には徳山くんボーカルってどうですか?


賛否両論あるようですが、僕は結構好きですよ。
荒削りでざらついたラフな声質などは、健一先生にはない魅力だと思います。
徳山くんの2枚のアルバムには、数ある黒沢健一提供曲の中でも、
おそらく最高レベルの楽曲がたんまりと収録されているので、ぜひ聴いてみて下さいね。

> 今年はいつ姿を見せてくれますかね(苦笑)
> 先生ってすぐ地下にもぐっちゃうから。。。これからはもっと日に当たろうよ。


美白の秘密がいま解明された!



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::L⇔R


move