:: びっくり日記

小島信夫展

2008.05.24


岐阜に生まれ、『アメリカン・スクール』で芥川賞を受賞。
常に新しい姿勢で「小説」と対峙し続けた作家、初の回顧展。

▽会期:平成20年6月13日(金)~12月25日(木)
▽会場:岐阜県図書館1階企画展示室
▽料金:無料

かねてから噂のあった「小島信夫展」ですが、ついに開催決定です。
これはなんとしても行きたい。昔、各務原に出張して以来の岐阜行きとなりそう。




■ 彗星/Salyu


> ひろニクルさんいつも返信ありがとうございます。
> タワレコは22日11時半近くに到着して130番後半でした。
> でも、無事に予約できました。ありがとうございました。
> せっかく新宿に到着!でも息子の幼稚園バスの迎えもあり(現実にもどされ)直帰です(涙)
> TVチャンピオン、クロケンいけそうですけどね?私は今33近くのおばさんですが、
> 約15-6年ファンやっていても黒沢さんにしか興味ないため何もわかりません。
> みなさんの情報にへ~ほ~と感心する毎日です。
> それと私も知りたいです!みなさんがどこ在住か。変な意味ではなく(笑)
> それではまたお邪魔しにきます。


無事に予約できて良かったですね。あとはCD買って当日を楽しみに待ちましょう。
なんと15年来のファンでいらっしゃいますか。僕はファン歴7年なのでまだまだ若輩ですね。
黒沢健一の楽曲を聴くという行為は栄養たっぷりの野菜スープを飲んでいるようなもので、
その音楽に仮託されている古今東西あらゆる音楽のエッセンスを知らず知らずに吸収しているわけです。
そういった意味では、クロケン一筋というのも立派なリスニングスタイルではないかと僕は思いますよ。
それではまたときどき遊びに来て下さいね。今後ともよろしくお願いします。

> 先生はテレキャスとアコギしか最近は見ないからのギター破壊用のを準備しなきゃね。
> Tシャツも脱いだものをきちんとたたんでから、投げるのではなく手渡ししそうな気がします。


Tシャツ手渡しなんて、そんなの全然ロックじゃない!(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


江戸川乱歩ブーム再燃

2008.05.19



しばらく購入を中断していた光文社文庫の江戸川乱歩全集を再び集めはじめました。
久しぶりに買ったのは「ぺてん師と空気男」と「十字路」。とりあえず「十字路」読了しました。
いやーそれにしてもなんという面白さ。難しいこと考える必要なし。読んでいて理屈抜きに楽しいのです。

現在手に入る乱歩全集としては、量・質ともに上述の光文社文庫(全30巻)が決定版だと思いますが、
僕はいま光文社文庫と並行して創元推理文庫版の乱歩シリーズも買い集めているのです。
このシリーズは「全集」ではなく、あくまで「傑作選」なので、乱歩の全作品を読むことはできません。
しかし、他社の乱歩シリーズでは決して味わえない最大の魅力が創元推理文庫にはあります。
それは初出時(雑誌等に掲載された当時)の挿絵を全点(!)復刻しているということです。
はっきり言ってこれは「偉業」です。



うーん、最高!印刷の不鮮明さを愚痴ってはいけません。もはやそういう次元ではありません。
資料的価値も高く、読者にあの時代の感覚を呼び起こし、甘美で猥雑な乱歩の世界へと誘います。

小説だけではなく、妻ニクルと一緒に映像でも乱歩世界を堪能中。

まずはTSUTAYA DISCASで、主演・天知茂の美女シリーズをせっせとレンタル中。
全25作あるんですが、まだ「吸血鬼」と「白髪鬼」の2本を観ただけです。先は長いなぁ。
あくまでベースは乱歩の小説ではありながら、偉大なる原作に囚われすぎることなく、
娯楽TVドラマとして独自の世界を自由闊達に展開。それゆえツッコミどころも多いわけですが、
たとえ原作至上主義者に鼻で笑われても動じぬであろう矜持とオルタナティヴな香りが漂います。
このシリーズが名作であることは乱歩ファンには周知の事実なのです。

※ジャケ表面

そしてそして、先日ついに乱歩原作の映画「恐怖奇形人間」DVDを購入しました。逆輸入版。
一部マニアには熱狂的に支持されている石井輝男監督によるカルト作品ですが、
日本ではいまだパッケージ化されておりません。ていうか発売できません(笑)
差別的表現だったり、エログロやSM、同性愛だったり、色々とややこしい問題があるらしいです。

サンプル版の複製品がヤフオクで高額やりとりされていたわけですが、ようやく正規DVD化されました。
輸入版ですが日本のAmazonで普通に買えます。買えなくなってから後悔しないよう、注文はお早めに。
ところがいざ手元に届くと、なんとなく観るのがもったいないような気がして、結局まだ再生しておりません(笑)

ジャケットはリバーシブルになっていて、裏面は劇場ポスターの図案を再現したジャパニーズバージョン。
こういったマニアックなこだわりが嬉しいですね。

※ジャケ裏面


■ 甲状腺上のマリア/人間椅子


> こんにちは。半年に1回ぐらいコメントを残している者です。
> (前回、2年に1回と言っていたので、じわじわペースアップしております)
> リニューアルされたのですね。さかのぼって日記を読ませていただきました。
> こちらのサイトはシンプルで目に優しく(?)、私はとても好きです。
>
> ミ○シーでひろニクル様のコメントを拝見したのですが、私もほぼ同じ時間にタワレコにおりました(笑)
> 横浜に行けないので、都内でのライブが決まって嬉しいです。
> 横浜のレポ、楽しみにしていますね(プレッシャー?)


ペースアップおめでとうございます!さすがはスピード社の水着ですね。
さらなる記録更新に向けてがんばって下さい。せめて半月に1回くらいに!(笑)
サイトデザイン、気に入っていただけたようで身に余る光栄です。ありがとうございます。
ブルーベリーいらず、まばたきいらずのファンサイトを今後とも目指していきたいと思います。
おぉ、タワレコにいらっしゃいましたか。ニアミス。ではおそらく整理番号も近そうですねー。
上京して10年以上が経ちましたが大都会・新宿のコンクリートジャングル(死語)に馴染めず、
タワレコ店内でも挙動不審で万引Gメンに警戒されそうな僕ですが、当日はよろしくお願いします。

> ひろ二クルさん。こんにちは!
> 大阪のチケット譲る方が決まりました☆
> ので、BBSの書き込みを削除させて頂きました。
> これで安心してLIVEを楽しむ事ができます!
> 貴重なスペースありがとうございました☆
> これからも、びっくり日記楽しく拝見させて頂きます!


貴重なチケットの譲り先が無事に見つかって良かったです。
それだけでびっくりBBSを設置した甲斐があるというものです。
またいつでもお気軽に書き込みして下さいね。ありがとうございます。



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


百年おそるべし

2008.05.10



このまえ深夜に群発地震があったときにですね、
枕元でいつでも速報を聞けるようにしておこうと押し入れからラジオを引っ張り出してきまして、
遅く目覚めた土曜の朝、ふとスイッチを入れてダイヤルを1242(ニッポン放送)に合わせたわけです。

・・・あれ?伊集院?

伊集院=深夜の声だと固く信じている僕は、午前中に聴く彼の声に違和感違和感アメリ缶。
果たしてその声の主が高橋克実であることに気がついたのは、10分くらい経ってからでした(笑)

そんなこんなで夕方から吉祥寺へ。

びっくり日記でもすっかりおなじみの古書店・百年
あまり時間がなかったので福永武彦を一冊だけ購入しようとレジへ持っていくと、
店主がおもむろにレジカウンターの上を指し示すではありませんか。・・・ん?いったい何が?

なんとそこには堆く積まれた小島信夫の新入荷の束!お店に入ったときには置いてなかったのに!

実は店主は入店する僕の姿を見て「ちょうどいいときに来た!」と思ったらしく、
カウンターの中に置いてあった小島信夫の束を、わざわざカウンター上に移動したそうです。
ただ僕に見せたいがために(笑)

ねじ:「すごいですね!」
店主:「入荷したばかりなので、まだ値付けしてません」
ねじ:「わ!こ、こ、これはすごく欲しいです!」

風速30mクラスの鼻息で僕がその束から抜き取ったのは「X氏との対話」。
ただでさえ入手困難な小島信夫の単行本の中でも、そのレア度はAクラスです。
(ちなみにAmazonマーケットプレイスでは、約15,000円のプレミア価格。ひえー)

店主:「これは5,000円以上の値は付けさせて下さい(笑)」
ねじ:「いや、むしろ5,000円以下で店頭に並んでたらみんな即買いしますよ(笑)」

僕は常連扱いされるほど百年に通い詰めているわけでも、たくさん買い物しているわけでもないんだけど、
来店する度に小島信夫の棚の前に仁王立ちとなり、薄笑いを浮かべながら品定めをするキモい姿や、
「コジマノブオ...コジマノブオ...ふふっ」と呪文のように呟きながら店内を闊歩する不気味な体裁から、
おそらく僕が狂信的な小島信夫ファンであることを店主は否応なく認識されたのではないでしょうか。

そのような経緯もあって、今回のように店頭に並ぶ前の新入荷本を気軽に見せていただいたり、
小島信夫をめぐる古書事情についてお話させていただく機会が増えました。素直に嬉しいです。
(値段が値段ゆえそれほど気軽に小島信夫を買うことができず恐縮なのですが)

百年の小島信夫の充実ぶりは、いまや通販専門のハーフノート・ブックスと肩を並べるものがあります。
リアル店舗でこれだけ良質なコンディションのものを数多くストックしているお店はなかなかないと思います。
そして今日お話させていただいて、なぜ他の古書店には小島信夫がほとんど入荷しないのかわかりました。
百年の店主が相当な覚悟で仕入れしているからです。あれは並みの気合じゃありません(笑)
そして相当な覚悟で仕入れた本を、相当な覚悟で購入するお客さん(僕含む)がいるからです。
小島文学の魅力は、どこか読者と根気比べをするような徹底的な「執拗さ」にあると感じますが、
ある意味、百年店主と購買客の間にも同様の「執拗」な関係性を見出す事ができるのではないでしょうか。

小島信夫ウォッチャーとして地下活動中のノジマコブオさんも、
「こじのぶファンにとって百年という古書店は絶対に無視できない存在である」と断言しています。


■ 僕たちいつかお会いしてませんか?/BOX


> yuiyuiでございます。
> ほんとに神出鬼没のお方ですね。さすがのひろニクルさんでも先生の動向がつかめないなんて!!
> 楽屋での写真を見て、ほんの少しふっくらされたような様子に安堵感を覚えたのは私だけではないですよね?


yuiyuiさん、こんにちは。メッセージありがとうございます。
動向をつかもうと普段から努力はしてるんですけど、今回は致し方ないですね(笑)
ああいった性格のイベントに先生ファンが押しかけてしまうのも何か違うような気がしますし、
シークレット参加という判断は結果的によかったように思います。まぁ、1曲だけですし(笑)
先生は少し健康的な生活を送ってらっしゃるのでしょうか。まだ全然痩せてますけどねー。
ツアー前なので体調管理には充分気をつけていただきたいところです。

> 8人の中のひとりです。シンプルが1番ですよ。
> 健一さんツアーが始まるので、私も旅行サイトなどを見てまわる日々です。もう高速バスなどは腰が辛くて…
> 豪華に新幹線に乗りたいなーと昭和30年代、3丁目の夕日的なことを思ってしまいます。


いつもありがとうございます。実際は更新停止中でも毎日150アクセスくらいあったようで、
足を運んでいただいた皆様にはただただ申し訳なく思っております。シンプルに行きます!
いよいよ先生のツアー目前ですね。チケットもぼちぼち届き始めているみたいです。
そうそう、新沼謙治の曲に「夢の東北新幹線」という名曲がありまして、
それはまさに新幹線が豪奢な「夢の超特急」であった時代を偲ばせる郷愁ソングなんですね。
先生のツアーなんて、まぁ滅多にないことですから(笑)快適性を優先してもいいと思うんです。
移動時間を短縮すれば、その分ライブ以外の時間も有意義に使えますし...(牛タン!牛タン!)
どうぞお気をつけて。楽しいツアー遠征になることをお祈りしております。

> なんだか難しくてよく分からないがただただシンプルに・・・僕はびっくり日記が好きだなぁ。
> またいつか・・・更新される日を楽しみにしてます。


あたたかいお言葉、ありがとうございます。またぼちぼち更新しております。
更新再開2008~破滅に向かって~。ひろニクルJAPANを今後ともよろしくお願いします。



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


小島信夫が大量入荷

2007.12.09

美濃/小島信夫

びっくり日記にも度々登場する吉祥寺の古本SHOP「百年」店主が、大市にてなんと小島信夫を38冊落札したという情報をブログで知り、さらに、『残酷日記』などめずらしいのもあります、という言葉に僕の期待値は沸点まで高まり、いてもたってもいられず昨晩吉祥寺へ足を運んだのだけど、お店はイベントの都合で19時で閉店してしまっていて、肩を落として家路に着くひろニクルをなだめる妻ニクルの賛助もあって、本日再び出向くことになった。

店内に入ってすぐ左手の棚にそれらは並べられていて、次の瞬間グラリと揺れたのでまた地震かと思ったのだが、揺れているのは僕ひとりであって、つまり今まで見たことのない圧倒的光景に眩暈がしたのであった。僕はそこに15分ほど張り付いたままで、棚の左から順に一冊ずつ値段とコンディションなどを確認するのだが、なにせ人気店のために他のお客さんの出入りも頻繁で、その邪魔にならないように身をこなさなくてはならず、恍惚とした表情で頁を繰る僕の所作も途切れ途切れになってしまうのだが、結局すべて確認し終えたところで妻ニクルとも相談し、傑作の誉れ高き「美濃」を購入することを決めた。

別れる理由(全3巻)、ハッピネス、釣堀池、残酷日記、愛の告白、アメリカンスクール、私の作家評伝、うるわしき日々、こよなく愛した、各務原・名古屋・国立、一寸さきは闇、どちらでも、墓碑銘、文学断章、そして美濃。その他とても書き切れぬ在庫タイトルをここで延々と並べたところでびっくり日記の読者にはまったく退屈以外のなにものでもなく、こうして小島信夫の文体の下手なモノマネを衆目に晒すのも故人への冒涜かと思われるかもしれぬ。しかし、おそらくこれまでの人生でもっとも高額な一冊となった「美濃」を手に、同じ小島信夫好きの店主と二言三言語らい、帰宅後、一気呵成に第1章を読み終えてしまった僕の心のどこかには、なぜだかわからぬがそうせずにはいられない衝動のようなものが絶え間なく渦巻いているのである。


■ September Rain/黒沢健一



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


変な汗

2007.12.07

仕事が長引きそうだったので妻ニクルにリブロで買い物を頼むことにした。
文庫化されたばかりの村上春樹の短編集「東京奇譚集」と、
半ば惰性で買い続けている「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」の最新刊。

夕方頃だろうか、妻ニクルからメールが届いた。

> 挫折。ガンダム探せず。
> マンガ売場をウロウロしていたら変な汗出てきた。ごめん。


申し訳ないことをしたと思う。妻ニクルはマンガ売場にほとんど「免疫」がないのである。
決してマンガが苦手というわけではないらしいのだが、独特の空気に気圧されるのだろう。
膨大な数の新刊コミックが積まれた売場から「ガンダム」の表紙を識別することは、
マンガ売場を回遊するコツというか、ある程度の慣れがないと実に難儀な作業に違いない。

結局、僕が会社帰りに立ち寄って購入することにした。

「東京奇譚集」「ガンダムTHE ORIGIN」とも無事に発見し、
さらに先月発売された新作たまごっち「ふぁみたま」の攻略本と、
小島信夫の新刊「小説の楽しみ」「書簡文学論」も一緒に買った。「小説の楽しみ」は最後の1冊。
ポイント2倍期間だからなのかレジには長蛇の列で、会計を済ますまでだいぶ待たされた。
合計金額を見ると妻ニクルに買い物を頼んだときの5倍以上に膨れ上がっている。変な汗が出てきた。

家に帰ってワイシャツを脱ぐと、Tシャツが裏返しだった。


■ Feel it/黒沢健一



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


move