:: びっくり日記

FEN

2007.12.20

FEN / 杉山清貴

めでたく新曲も出揃い、相変わらず黒沢健一まつり開催中のひろニクルですが、
執拗に先生の曲ばかり聴いているので、たまには気分転換も必要ではないかと思いまして、
7月に発売された杉山清貴の洋楽カバーアルバム「FEN(Favorite Eternal Numbers)」を聴いてみました。
まずはじめにお断りしておくと、僕は別段、彼のファンというわけではありません。
かねてから「風のLONELY WAY」は永遠に輝き続ける名曲だと信じて疑いませんが、
言うなれば杉山清貴ファンというより、無類の「風のLONELY WAY」ファンなのです。

ベテラン実力派ボーカリストによる昨今のカバーブームに触発されたのか、
それとも、ある明確なコンセプトに衝き動かされてのリリースなのかはわかりませんが、
その昔、「夜もヒッパレ」でとても楽しそうにチャートソングをカバーしていた彼の姿を思い出すと、
元々、他人の曲をカバーするという行為にそれほど抵抗感はないのだろうということがわかります。
それではアルバムの収録曲を見てみましょう。

01. Desperado
02. Everytime You Go Away
03. I'm Not In Love
04. You're Only Lonely
05. Heart of Mine
06. Your Song
07. Just The Way You Are
08. My Love
09. Open Armes
10. We're All Alone

「Heart of Mine」「We're All Alone」「You're Only Lonely」など、AORのド定番ソングが多いですね。
いや、まぁ、J.D.サウザーの本分はAORじゃないだろうという意見はここでは置いておくとして、
透明感のある彼の歌声と、メロウな楽曲群はとても親和性が高く、清涼感のある仕上がりになっています。
ただ、歌唱力の高さでどの曲も器用に歌いこなしてしまうので、全体的にややきれいにまとまりすぎ、
楽曲の新たな魅力を切り出すというレベルまでは残念ながら到達していないように思われます。

とりわけ、10ccの「I'm Not In Love」は誰がカバーしても凡庸になってしまう曲の代表格でしょう。
オリジナルの完成度が高すぎて、もはやそこに演者の個性を積み上げる余地がないということ、
さらにメロディ自体はシンプルで単純極まりないということがその主たる原因でしょう。10ccは偉大です。

決して悪い意味ではなく、良質のBGMとして利用するには絶好の1枚だと思います。
それ以上の解釈、サムシングがないと言ってしまえば身もフタもありませんが、
あまり難しいことは考えず、美しい声で歌われる永遠の名曲たちを気軽に聴いてみるのも悪くないです。

逆に杉山清貴の名曲「風のLONELY WAY」をカバーしてる人はいないのかと思って調べてみたら、
CHiYOという女性シンガーが歌っていました。試聴もできます。
抑制されたメロディーと彼女のヒリヒリした声質は、あまり相性が良いとは言えないようです。


■ 風のLONELY WAY/杉山清貴


> 12月後半の旅費捻出に思考停止を起こしているしょこです、こんにちは。ええっと、何往復だ?
> パソコンスペックの関係で新曲は聴けていませんが、初めて聴くのがライブだというのは、
> それはそれで幸せかもしれないと自分本位に前向きに考えております(笑)
> ひろニクルさんの文章に、名曲に違いないという妄想だけは広がっております。
> ラジオのレポもいまさらながらありがとうございました。
> 自分のパソコンはiTunes非対応と知りながら、悪足掻きでダウンロードしてみたらできたので喜んだのですが、
> パソコンに入っただけで開けません(当然です)。素直に諦めるべきでした(笑)


しょこさんこんにちは。ごぶさたしております。
音楽が聴けないiTunesなんて、ハードディスク容量を圧迫するだけの巨大なお荷物ですよ(笑)
ライブで新曲初体験というのもオツですね!オール新曲のライブもありえるかもしれません。
いずれにしても名曲しか存在しないと断言します。空クジなしの年末ジャンボみたいなものです。
旅費捻出に思考停止するお気持ち、同情申し上げます(笑)
でもファンにとっては滅多にないお祭りですから、慌しい年の瀬ですが頑張って往復して下さい。



メッセージはお気軽にどうぞ。

音楽::その他/邦楽


THIS BOOWY

2007.10.26

こんにちは。JACK JACKのひろニクルです(売名行為)

あいかわらずTSUTAYA DISCASから、DVDやらCDを借りまくっている今日この頃。
先月出たBOOWYの最新ベスト2枚はずっと貸出中で借りられないので、
1998年に発売された1枚ものベスト「THIS BOOWY」を借りてみました。

THIS BOOWY

うわ、音がすげー良くなってるぅぅぅ!

僕はいわゆるBOOWY世代ど真ん中というわけではなく、
解散間際の最晩年にほんのちょっとかじってる程度なんですが、
当時から「曲は良いけど音が・・・」という印象が強かったんですよね。
で、今回レンタルした「THIS BOOWY」。そのあまりに鮮明な音像は嬉しい発見でした。
リリースから10年経とうとしている現在でも充分に通用する音質だと思います。

リアルタイムで当時のCDやレコードの「音」に親しんできたファンの中には、
ノスタルジーにも似た強い思い入れとある種の頑迷さから、
リマスタリングそのものに否定的な考えを持つ人がいるかもしれないけど、
僕のような軽佻浮薄なリスナーは単純に音質向上技術の偉大さに感激するばかり。


■ ハイウェイに乗る前に/BOOWY


> CRTレポ、嬉しいです。どうもありがとうございます!
> (ここ最近、なかなか参加できないのです(T_T))
> スペシャル・メニュー見るだけでも、ワクワクしちゃいますよ♪
> …バスローブ、欲しいなあ~。


メッセージありがとうございます。来月のCRTには参加できるといいですね。
僕たちはあまりお酒が飲めないので、スペシャルメニューは注文できず。残念。
ミックスナッツばかりひたすらポリポリ食べていたような気がします(笑)
引き篭もり期のブライアンを象徴するバスローブですが、結構良いお値段するみたいですよ。
ためらうことなく購入を決断された瀬竹さんは、やはり正真正銘の好事家ですね(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

音楽::その他/邦楽


ただ、一さいは過ぎて行きます。

2007.02.25

ビッグニュース!

ARAKAWA RAP BROTHERSの曲がついにカラオケDAMにて配信されました!

僕は彼らの曲を歌うためにいままでカラオケに通い続けていたのかもしれません。
伊集院光と久保こーじによる伝説のユニット、ARAKAWA RAP BROTHERS(荒川ラップブラザーズ)。

眠い目をこすりながら机に向かって受験勉強していると、彼らの曲が深夜ラジオから聞こえてきました。
そして、1曲聴き終える度に、暗記したはずの英単語が頭からすっぽり抜けていることに気付くのです。
イントロを聴いてしまった時点でもう手遅れ。つまり、聴けば聴くほどバカになる!!

僕はそうして大人になりました。
ただ、一さいは過ぎて行きます。


■ GAMAN everybody/ARAKAWA RAP BROTHERS



メッセージはお気軽にどうぞ。

音楽::その他/邦楽


I wait for a passing shower anytime...

2007.01.24



久しぶりに立ち寄ったブックオフでマキシ・シングルの棚を見ていたら、
徳山秀典くんが2000年にリリースした「STILL TIME」を発見。
彼のシングルは「卒業」しか持っていなかったので、迷わず購入です。
カップリングは、健一先生も昨年のイベントでセルフカバーした名曲「BLUE」。
ここでしか聴けないという貴重なシングル・バージョンですね。

帰宅してさっそく聴いてみたんですが、ボーカルが全然違ーう!
ラフで生々しいボーカルのアルバム・バージョンと比べると、
なんとも爽やかで優等生的な歌い方だし、リバーブのようなエフェクトかかってるし、
サビのメロディも一部違うんですね。これはこれで好きです。やっぱり「BLUE」は良い。

そして「STILL TIME」が置いてあった棚をさらに探すと、
デビューシングル「あふれる思い」も見つけてしまいました。

・・・あ、あれっ?
「あふれる思い」って8cmシングルじゃなかったっけ?なぜマキシサイズ?

手にとって確認してみると、案の定、プロモ盤でした。
ブックオフでは、本来サンプル盤・プロモ盤の類いは買取不可なんだけど、
ときどき紛れ込んじゃってることがあるんですよね。
L⇔Rとかトライセラとかバインとか、一時期よく見かけました。



ジャケットは黄色地に曲名・アーティスト名・発売日が書かれたシンプルなもので、
下部には「Produced by Kenichi Kurosawa(L⇔R)&Yutaka Tohyama」の文字。
1999年の時点でも、しっかりくっきり(L⇔R)表記です。なんかうれしいですね。
インナーには2曲分の歌詞と、徳山くんのパーソナルデータが記載されています。
収録曲は市販品と同一(c/w 伝える気持ち)。


■ BLUE/徳山秀典



メッセージはお気軽にどうぞ。

音楽::その他/邦楽


23年目のディスカバー

2006.10.01



炎のさだめ」を歌っているTETSUって、織田哲郎だったのかー!


■ 碧いうさぎ/酒井法子



メッセージはお気軽にどうぞ。

音楽::その他/邦楽


move