:: びっくり日記

文豪グッズ

2007.11.23

村上春樹Tシャツ 村上春樹バッジ

eBayで探し物をしていると、怪しげな村上春樹グッズ(Tシャツとバッジ)を発見しました。
個人的趣味の範疇で好き勝手に非公認アイテムを作っているのならともかく、
オークションで販売しているという時点で完璧にイリーガルな代物なのですが、
バッタもんとしての矜持さえ感じさせる手作り感と、そのデタラメで無防備な仕上がりを見て、
ほんの一瞬「欲しい」と思ってしまった僕は、ちょっと病的なハルキストかもしれません。

eBayだけではなく、日本のYahoo!オークションでもこの手の商品はいくらでも出品されていて、
最近の「カラマーゾフ」ブームに便乗したのでしょう、自家製ドストエフスキーTシャツまであります。
Tシャツ1枚で真冬のモスクワの街を闊歩するロシア文学マニアの姿が目に浮かぶようですね。

文豪の肖像画をプリントしたアイテムといえば、新潮文庫のYonda?CLUB景品が有名でしょう。
高校だったか大学だったか、新潮文庫を手当たり次第に乱読していた時期があったのですが、
川端康成の顔面ソーサーやらカフカの腕時計やら、奇天烈なデザインのラインナップを嘲笑し、
ちまちま集めた応募券はトートバッグ(文庫本専用のポケット付き)と交換してしまいました。

いま思えば、ノーベル賞作家である川端康成の顔面にショートケーキなんかを置いて、
フォークをカチカチいわせながら頬張るのもなかなかオツだったかもしれないなぁ。
そんなことを考えながら新潮社のサイトを確認すると、なんとすでに文豪皿は無し。
腕時計も漱石、太宰、川端の3種類だけになり、あの渋いカフカ時計はラインナップから消滅。

カフカグッズはちょっと欲しかったかも、と後悔している今日この頃です。


■ What You Want/黒沢健一


> うははははは(笑)
> 23日が歌い始めで29日が歌い納めがツボ(笑)
> 特設ページも開設されたり、サニーロックもあるし、年明けも目が離せなそうですね。 fromれふ


29日のワンマンライブに「歌い納め」なんてタイトルを勢いでつけちゃったもんだから、
既成事実を作るためにアップルストアとお台場をねじ込んだんじゃないかと勘繰ってしまいます(笑)
来年はアルバムも期待できそう?まぁ、焦らずじっくりこだわって作ってもらえればいいんだけど。
公式の特設ページは黒沢健一クロニクルの決定版として、非常に優れた「読み物」だと思います。
活動再開における本気度が伝わってきますね。

> 遂に、遂にこの日が…(感涙)
> 何とかして行きたいです(>_<)!
> 兄弟で同じステージ。夢が正夢になる瞬間。見逃したくありません☆


L⇔Rファンにとっては単なるオムニバスライブ以上の意味があるように思います。
先生が何曲歌うかはわかりませんが、「ありがとう」は確実に演奏されるでしょうから、
そこには必然的に生の秀樹コーラスが寄り添うわけです。うはー。お互いチケ取り頑張りましょう。

> FM802で新曲が流れるそうですね!
> 大阪だから聴けないけど、何を流すのか気になりますね!!


気になりますよねー。なんといってもワールドプレミアですから。
発作的に新幹線に飛び乗ってしまいそうな自分がコワイです(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


夏目書店(目白)にて

2007.11.12

仕事が少し早めに終わったので、ブックオフ目白店に寄り道するも収穫ZERO。
小さいお店の割りにときどき奇跡的な掘り出し物もあるにはあるんだけど、
そもそもブックオフに純文学系在庫の拡充を期待すること自体に無理があるわけで。

以前から気になりつつも足を踏み入れることができなかった目白通りの古書店、夏目書店へ。
古色蒼然とした店構え、店の奥にデデンと座っている頑固そうな店主。これぞ古書店といった風情です。
あまり期待することなく、とりあえず文庫の棚をのらりくらりとチェック。

・・・うほっっ!!

森敦の「われ逝くもののごとく」(講談社文芸文庫)、江藤淳の絶版評論各種、カフカ各社文庫、
ドストエフスキー「地下室の手記」「白痴」、車谷長吉の直木賞作品「赤目四十八瀧心中未遂」など、
個人的にかなり気になる品揃え。その上、お値段も良心的じゃないですか。うれしーい。

まるでスパイラルライフの2人を組み合わせたかのような名前の車谷長吉ですが、
長吉の読み方は「ちょうきち」ではなく「ちょうきつ」なのです。くるまたにちょうきつ。
僕はいままで彼の作品に触れたことはなかったんだけど、先日「書店風雲録」という本を読んでいたら、
西武百貨店の社員として働きながら小説を書いていた頃の、車谷氏のエピソードが紹介されていて、
そのあまりの奇人・変人っぷりに俄然興味をひかれるようになったのでした。
書きかけの小説のことで頭がいっぱいになって、なんとズボンをはくのを忘れて出社。
しかも本人は昼休みまで気づかず、周りの誰も「ズボンは?」と指摘しなかったそうです(笑)

カフカを2冊購入(岩波文庫「カフカ寓話集」と角川文庫版「城」)して、今日のところはひとまず退散。
頑固そうな店主は、とても物腰が柔らかく、人のよさそうなおっちゃんでした。こりゃまた失礼しました。


■ This Song (Loud Cut)/黒沢健一


> インストアライブ3連発の発想はありませんでしたが、喜んで妄想しておきます(笑)
> ところで現在オフィシャルサイトでチケット先行受付してますよ~。


先行受付速報、どうもありがとうございました。すぐさまびっくり電話TOPを更新させていただきました。
先生との仙台デートには、楽天イーグルスの試合観戦がおすすめです!
「先生、外野ってどこだかわかりますか?」「両チームのメンバー以外が外野でしょ?」



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


カフカと森敦と小島信夫

2007.11.10

カフカコレクション(白水社)

リブロ池袋店にて、再び白水uブックスのカフカ・コレクションを追加購入。
「城」と「ノート〈2〉掟の問題」。もちろん今回も帯の有無と版数の確認は忘れません。
いますぐ読む時間なんてないのに、とりあえずシリーズを揃えてしまいたいというこの衝動。
残る「変身」「失踪者」「審判」の帯付・初版を見かけましたら、ぜひご一報下さい。

そしてカフカ・コレクションと作品はダブるけど、岩波文庫版「変身・断食芸人」もついでに購入。
うわー、気がついたら「変身」の各社文庫版が無駄に増えてたー。

カフカ/変身コレクション
岩波文庫、光文社古典新訳文庫、新潮文庫(旧版)、新潮文庫(新版)、角川文庫

訳者が異なるとはいえ、こんなに「変身」ばっかり読んでたら頭がどうにかなってしまう(笑)
ちなみに現在読んでいるカフカは、新潮文庫版の「審判」。遅々として進まず。
ようやく7割くらい読んだかな?まだ残り130ページもあります。とにかく長い。
お気楽に読み進められないしんどさはあるんだけど、一方でこういった物語の重厚さが嬉しくもあり。

森敦/月山

小島信夫の師匠である森敦の「月山」を148円で購入。
残念ながら初版ではないんだけど、帯&小島信夫による解説付録も揃った美品ですよ。
森敦はこの作品で第70回芥川賞を受賞。61歳での受賞は芥川賞の最年長受賞記録です。

小島信夫/別れる理由

先週の土日に池袋・古書往来座で開催された外市(古本まつり)にて、
小島信夫の「別れる理由」3巻セットを5000円で買ったという方のブログを偶然見つけて卒倒しそうになる。
函・帯などのコンディションまでは明記されていなかったけど、いずれにしても破格だものそれは。
「もうその値段では買えないよ」とお連れの方に言われたらしいのですが、それは煽りではなく真実でしょう。
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」と並んで“世界最高の小説”ともいわれる作者畢生の大作です。

あぁ、もし「別れる理由」が講談社文芸文庫で復刊されるなんてことになったら、
僕は一生、講談社本社(音羽方面)に足を向けて寝られないだろうと思うのです。


■ Morning Sun (Alternate mix)/黒沢健一


> ロストレアリティーズの曲目が若干ちがってたってそんなの関係ね゛ー!

もう修正されてるみたいですけど、「LAND OF RICHES」と曲目が混在しちゃってたんですよね(笑)
まだ「YOUNGER THAN YESTERDAY」のスペルミスだとか、「NICE TO MEET YOU」や、
「LAND OF RICHES」の曲目が抜けてたりしますが、それらもいずれ修正されると思います。
これまでの公式と比べたら桁違いの情報量ですね。うれしい限りです。
ブログスクリプトを使ってすっきりサイトを構築するスタイルは、びっくり電話も見習いたいところ。

> 情報更新ありがとうございます。ひろニクルさんのマメさを陰でこっそり尊敬してますよっ。
> 動きがありすぎてかなり動揺しました。今も動揺中。
> 気になるのはどこのアップルストアかです。たぶん渋谷ですよねえ。あああああ。
> 仙台のアップルに来てくれれば泣いて喜ぶんですけどね(笑)


メッセージありがとうございます。うれしいです。
実は僕もいまだに童謡中です。変換ミスをするくらい童謡しているわけです。
おぉ、アップルストア仙台!僕も仙台に行ったときには、ふらりと立ち寄ります。
あの立地ならば、アップルストア→HMV→タワレコと短時間でインストアライブ3連発も可能!
そのあとはパラダイスレコードでレコ漁りして、味・太助で牛たん食べつつ黒沢健一を囲む会を開催。
・・・たまにしか東北でライブやらないんだから、それくらい豪華な企画があってもいいと思います(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


究極の自省録

2007.10.27

ドミノピザ

台風接近のため外出の予定はキャンセルして、宅配ピザなぞ食らふ。

先日の日記にも書いた白水社Uブックスシリーズのカフカ・コレクション。
昨晩、リブロ池袋店にて“とりあえず”3冊購入したので読み始めることに。

カフカコレクション(Uブックス) 「流刑地にて」「断食芸人」「万里の長城 ノート1」

初版・帯付が欲しかったので、店頭で直接確認して買うことにしたのだ。
リブロでは8巻すべて揃っていたけど、「変身」のみ2版。初版は紀伊国屋で探そう。
Amazonや楽天ブックスでは、たとえ重版・帯無が届いたとしても文句は言えない。

それにしても、カフカという作家はその短い人生の中でいったい何を書きたかったのだろうか。
世の中との不協和を四六時中感じながら、人生の日々を呼吸することの不具と恥辱だろうか。
もしそうであれば、カフカの文学は究極の自省録と言えるかもしれない。


■ ぼくを見つけてくれないかなァ/森田童子



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


カフカが好き

2007.10.24

フランツ・カフカ/城

ブックオフ中目黒店にてカフカの「城」を105円で購入。これは安ーい。

フランツ・カフカ/審判

ブックオフ目白店にてカフカの「審判」を105円で購入。これも安ーい。

もちろん新潮文庫以外のカフカも良いのです。岩波文庫の「短編集」と「寓話集」はマストバイ。
先月発売された光文社古典新訳文庫版「変身」も、まだ買ってないけど気になる一冊。
でも、僕がいま一番欲しいのはなんといっても白水社のUブックスシリーズ(全8巻)です。

全巻まとめて買ったとしても9,000円弱・・・うむむ。
読書の秋に奮発して購入しようかな。いや、クリスマスまで待とうか。


■ 砂の城/石田ショーキチ


> 秀樹くんHPにてアルバム情報が!
> 健一先生がボーカルで参加したアルバム、11/21発売です!!
> 来年かと思っていたので嬉しいですね!
> 健一先生は「ありがとう」、原曲・小坂忠をカバーしたってことだけどどんな曲?


情報ありがとうございます。いよいよ詳細発表されましたね。
たしかに思いのほか発売日が早くてびっくりです(笑)。あと1ヶ月。
オンエアは観られないのでCDでじっくり堪能したいと思います。
小坂さんについてはTOPページのリンクをご参照下さい。



メッセージはお気軽にどうぞ。

趣味::読書


move