:: びっくり日記

ドコモ新機種に一瞬ドキッとした件

2010.11.09



くぅー、惜しい!「509」なら迷わず機種変してたのにー!
幻のDoubtピッチに続く黒沢モデルの登場ならず残念(笑)


■ Wind Of Change/curve509


> ご無沙汰です。ひろりん(未だにニクルさんと呼ぶのに慣れない)さん。
> ぱすてるバッジです。
>
> ご存知のようにSwinging Popsicleに浮気しはじめて最近健ちゃんへのパワーが落ちています。
> というか分散してます。ひとりが愛せるトータルのパワーは決まっているようです(^^;
> まあ昔から好きな2大巨頭なのでそれは変わってはないんだけどね。
>
> 今年になって健ちゃんのライブに1回も見にいけてないという由々しき事態が起こっております。
> 非常事態です。去年までは健ちゃんのライブが仕事よりも家庭よりも一番最優先していたのに・・・・


ぱすてるバッジさんが管理されているポプシファンサイト「ポプシクリップ。」を見ていると、
コンテンツの充実っぷりはもとより、その熱量に圧倒されてしまいます。浮気もやむなしかと(笑)
非常事態とおっしゃいますが、健一先生は今年イベントしか出演してませんし、ワンマン観れたらOKです!
↓続き↓

> 最近ポプシのコピーバンドでライブやって幸せの絶頂を味わいました。
> また久々にL-Rのコピーバンドがやりたくなってる、そんなお年頃です。
>
> ベビニクルちゃん可愛いですね。
> 写真を見るととてもハッピーになれます。自分の子供だったらもっとすごいことになるんでしょうね。


コピーバンドがやりたいお年頃!つまり「バンやろ」的なお年頃なんですか(違)
僕はほとんど楽器できないけど、好きな曲を演奏して、ましてそれがライブだったら気持ちいいでしょうね。
L⇔Rはプロ・アマチュア問わずもっともっとたくさんカバーされて、後世に歌い継がれていくべきだと思います。

> 追伸。肝心なことを忘れてました。
> 8周年おめでとうございます。


わー!うれしいです!ありがとうございます!(^。^)



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::curve509


An extremely talented musician in Japan.

2010.10.22

最近気付いたんですが、Amazon.com(米国)、Amazon.uk(英国)でも、
健一先生のCDが買えるんですね。しかも、それぞれ微妙に品揃えが違います。



Amazon.com | kenichi kurosawa

:: 「NEW VOICES」 45.49ドル=約3,700円
:: 「LIVE without electricity」 60.98ドル=約5,000円
:: 「Knockin' On Your Door」 19.95ドル=約1,600円

あら、「LIVE without electricity」が高いですね。ではAmazon.ukも見てみましょう。



Amazon.uk | kenichi kurosawa

:: 「Focus」 58.81ポンド=約7,500円
:: 「B」 26.43ポンド=約3,400円
:: 「NEW VOICES」 82.99ポンド=約10,600円

うわー、「NEW VOICES」はまさかの1万円オーバー!
みなさん、「NEW VOICES」を買うなら米国が断然お得ですよ!(日本で買え)


■ MONEY/浜田省吾


> ご無沙汰しております、yuiyuiです。
> ちょっと洋楽熱が過熱しておりまして、
> 浮気ばっかりしてる間に健一先生は新譜発売&ライブですか。
> やはりこの方から目を離しちゃいけませんでしたね。
> 12月は諸事情で東京に行かなくてはいけないことがあるので
> ぜひともライブの日に絡めたいと今から策を練ります。
>
> べビニクルちゃん、大きくなりましたね。
> いくつまでが赤ちゃんか…う~ん、そういえば考えたことなかったですねぇ。
> うちの小学校6年生の次男、身長160cm、体重60kg近く、足のサイズ27cmでも、
> 私にはまだまだ赤ちゃんです(爆)


yuiyuiさん、お久しぶりです。お元気そうで何よりです。
yuiyuiさんのmixiつぶやきでスティーヴ・リーの事故死を知り、とてもショックを受けました。
何度かGOTTHARDの来日公演は観ましたが、本当に才能豊かなボーカリストでした。R.I.P...
さて、健一先生の最新情報は(いつものことですが)突然バババーッと舞い込んできます。
まだチケットの手配は間に合いますので、ぜひグローブ座に参加できるよう調整して下さい◎
最後の二行ウケました(笑)。母親としては、いつまでもそういう気持ちなんでしょうね、きっと。



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::黒沢健一


やさしくとろけるケンちゃん

2010.10.03



僕はケンちゃんの歌声にとろけそうです。


■ MELT AWAY/健'z



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::黒沢健一


うまい棒大感謝祭2010

2010.09.11



9月9日に飛び込んできた黒沢健一NEWSは、アルバム!ライブ!うまい棒!という、
ある意味で衝撃的な3連コンボだったわけですが、今日はうまい棒大感謝祭にご出演です。
音楽の世界を極めた先生、次はうまい棒界のカリスマを目指すというわけですね!(違)

前売チケットは、たったの1,000円!うまい棒100本分!
出演情報が判明した直後にローソンに駆け込み、チケットを購入して整理番号を確認して、
他人事ながら動員数を心配してしまったのですが、蓋を開けてみれば立見が出るほど超満員!
直前に各メディア・媒体にニュース記事が出たのが大きかったのではないかと思います。

入場するとテーブルの上にうまい棒が5-6本無造作に置かれていましたが、
特に説明があるわけでもなく、自由に食べていいのかどうかさえわからない・・・。
とりあえず、コーラとコーンチップを注文して開演を待ちます。

うまい棒のオフィシャルキャラクター達がぞろぞろ登場して場内を練り歩くというオープニング。
スタッフが「貴重な機会です!みなさん触れ合って下さーい!」って絶叫してました(笑)

HEY!たくちゃんって存じ上げませんでしたが、ネタを見てわかりました!アゴものまねの人!
そして、テーブルのうまい棒はやはり自由に食べてOK、さらにおかわりも自由という説明がありました。
えー!それならコーンチップ頼む必要なかったじゃないかーと思ったりする僕はケチくさいですね(笑)

第1部は企業×うまい棒のコラボレーションの歴史をお勉強。
古今東西のうまい棒のパッケージがコレクションされたファイルが圧巻でした。
全種類コンプリートしてるんだろうか。他にもうまい棒工場ネタ(オフレコ)や、うまい棒豆知識も。
製造工程上どうしても1本の中で味のムラが出てしまうらしく、ファンは味の濃い箇所を「トロ」と言うらしいです。
このあと登場することになる健一先生も、このトリビアにはいたく感銘を受けていました。

第2部は、お待ちかねゲストコーナー。前半はうまい棒の仏様とかフィギュアとかTシャツを作った人たち、
入れ替わって第2部後半に健一先生をはじめとするカオスなゲスト勢6名が一挙に登壇です。
並び順は以下のとおり。


映画監督 - AV女優 - 黒沢健一 - アイドル - プロレスラー - 金田朋子(声優) - HEY!たくちゃん(MC)


とまぁ、こんな席次なので先生も落ち着かないご様子。挙動不審という四文字がファンの頭の中を駆け巡ります。
先生の経歴が紹介されると、意外に盛り上がる場内。アウェーじゃない!プラスワンはアウェーなんかじゃない!

なぜこのイベントに先生が出演することになったのか、HEY!たくちゃんが不思議そうに尋ねます。
主催者の岡田さんから分厚く丁寧な出演依頼書(企画書)が送られてきて、それに目を通してからというものの、
健一先生は来る日も来る日も、新作のレコーディング中さえも頭からうまい棒のことが離れなくなってしまい、
「うわーイベント行ってみてぇ!」という気持ちを抑え切れなくなってしまったのが今回の経緯とのこと。
岡田さんは、とにかくGoogleでうまい棒好きな有名人を調べまくってオファーを出したそうですが、
ということは、今回の先生のイベント出演に、もしかしてびっくり電話も少しだけ貢献してるかも?(笑)

お客さんからのアンケート用紙に書かれた質問を中心にイベントは進行します。
「うまい棒に感謝したいことはありますか?」との質問に先生は、

・スタジオに置いてあると初対面のミュージシャン同士でも和んだり、打ち解けたりできる。
・曲作りで煮詰まってしまったときも「何食べようかな?」と息抜きになるので、とてもありがたい。
・色々な味がラインナップされていることにも感謝しています。

しかし「貧乏時代にも助けられまして、いまは"別なうまい棒"に助けられています」といった、
AV女優の下ネタ発言には先生もポカーン。それ以降は連発される下ネタに平然とクールに対応。
(ときどき困惑気味な表情を浮かべることもありましたが、最後の一線を越えることはなかった!)
出演者のみなさん、純朴な先生をあまり困らせないで下さいね!(笑)

ときにはたくちゃんにアンケート用紙を手渡したり、うまい棒のコレクションファイルをカメラに向けて固定したり、
ゲストでありながら、縁の下の力持ち的な視野も持ち合わせた先生。さすが業界屈指の気配りミュージシャンです。

工場といえば、かつて先生は「うまい棒の工場に行ってできたてのうまい棒をシャワーのように浴びたい」という、
ミュージシャンシップあふれる名言を残したわけですが、今日お客さんから募ったゲストへの質問も、
案の定というかなんというか「うまい棒シャワー」について言及したものばかりだったらしいです(笑)
今日は僭越ながら僕の質問も読まれたんですが、うまい棒工場への道はまだまだ遠いとのこと。
健一先生のささやかな夢の実現のためにも、ぜひみなさんニューアルバムを買いましょう!(笑)

うまい棒の食べ方作法のようなものがあるらしくて(角度とか時速10kmとか食べた後のセリフとか)、
出演者とお客さん全員でやってみましょう、という流れでみんな起立してきっかけ待ってたんですが、
なんと先生だけひとりで勝手に食べちゃった(笑)
「ではどうぞー!」となったとき、先生の手にはすでに半分に短くなったうまい棒(めんたい味)が・・・。

その他、先生が解答して印象に残った質問を列挙します。

Q. うまい棒は曲作りに生かされていますか?
A. 無意識のうちに生かされているかもしれません。 (ホントかよ!笑)

Q. うまい棒がなかったらいまあなたは何をしていますか?
A. うまい棒あっての僕。インスピレーションの源泉みたいなもの。 (ホントかよ!!笑)

Q. うまい棒から他のお菓子に浮気したことはありますか?
A. ないですね!

たくちゃん:「見た目どおり一途ですね」
健一先生:「コンビニで必ず他のお菓子と一緒に買って帰ります」

それは浮気というか、ある意味、一夫多妻ですね(笑)
今日はあわよくば即興でうまい棒ソング作るんじゃないかと思っていたんですが、それはなし。
そのかわり、シャウトでしたよシャウト。リクエストに応えての、うまい棒シャウト!これはすごかった。

カモンオーケーエブリバディうまい棒っっっ!!!

拍手喝采!いますぐケータイの着ボイスにしたいくらい(笑)
「あなたにとってうまい棒とは?」という最後の質問には先生も、
「なくてはならないお菓子。こういうイベントでみんなと楽しめる。これからも愛し続けます」
そして、12月のグローブ座2daysとニューアルバムの告知があって終了!お疲れ様でした!

この時点で3時間半という長丁場だったため、ちょっと疲れてしまった僕は退場してしまったんですが、
この後にゲストがステージ上に集合して写真撮影会が行われ、先生も登壇したとのこと。参加できず無念!

僕は黒沢健一×うまい棒のコラボ企画を常々考えているんですが、
初回盤のみ「うまい棒シャウト」をボーナストラックとして収録するとか、
SHM-CDに対抗して、うまい棒素材の高音質ディスク「UMB-CD」を開発するとか、
所詮その程度のアイディアしか浮かびませんが、本日たくちゃんがイベント中に提案した、
「新曲PVでうまい棒の粉を浴びるのはどう?」に僕も一票を投じて筆を置きたいと思います。

←イベント中に「うまえもん」落書きしてみた


【参考】 健一先生のうまい棒LOVE発言の一部は過去のびっくり日記でも読むことができます。

:: お気に入りはサラミ味(2004.12.28/健'zと忘年会1日目
:: 伝説のうまい棒シャワー発言(2005.4.17/春のオールディーズをどり
:: うまい棒「が」僕を好き(2005.09.26/健'z with Friends~大阪


■ うまい棒シャウト/黒沢健一


> どうもご沙汰しております。民男と申します。
> アルバム出るのですね。楽しみでなりません。ライブは1回いけるかですね。週末休めないのでつらいです。
> ひさーしぶりにHpいじったときにリンクさせていただきました。
> またライブ会場おみかけしたらでこっそり覗き見させていただきますね。 <ストーカーか(笑)
> それでは、更新がんばってください。。


民男さん、ご無沙汰しております。リンクありがとうございます。紹介文まで付けていただき恐縮です。
今回のライブ2daysは土日ですね。「歓迎!」という方と、逆に「休めん!」という方がいらっしゃるようです。
それぞれに魅力的なプログラムであることは間違いないとは思いますが、無事参加されることを願っております。

> 先生のシアターライブの感動的な歌が残っていたなんて!!とても嬉しいですね!!
> 12月のライブ内容を見るとVSGP編がストリングスとピアノと歌で、VG編がギターと歌となっているので、
> アルバムタイトルのVSGPは、V=ボーカル S=ストリングス G=ギター P=ピアノでしょうか?推測ですけど(笑)
> ギターと歌の夕べはピアノがない。遠山さんはいないのですかね?って考えられないのですが。。かなりドキドキです。
> 何よりも、アルバム発売があって一安心です。先生!がんばれ~。うまい棒もがんばれ~。


先生うまい棒イベントがんばってましたよ!(笑)
弦カルライブが手元のCDで何度も聴き返すことができるなんて本当に夢のようですね。
ライブに参加できなかった妻ニクル&ベビニクルにとっても、まさに福音になると思います。
アルバムタイトルについては、おそらくそんなところではないかと。ブランデーのVSOPにもかかってますね。
ギターと歌の夕べの編成については、ディスクガレージのページには何も明記されていなかったのですが、
その後更新された公式サイトのliveページには「菊池真義とのセッション」とありますね。これで一安心?(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::黒沢健一


V.S.G.P

2010.09.09

黒沢健一先生のニューアルバムが12月15日にリリース!
(※詳細はびっくりニュースにて随時お知らせしていきます)

新作が単なるライブ盤ってことはないと思っていたんですよ。
feature読んだらわかりますが、先生は自らのライブ音源を聴いて何かが「閃いた」わけですから。
「LIVE without electricity」という素晴らしいライブ盤も一昨年リリースされたばかりですし。

今回なんといっても注目すべきは、DISC1の「-studio-」サイドではないでしょうか。
ライブ音源にオーバーダブを施して演奏ミスを修正したりということはよくありますが、
おそらく今回の試みはアレンジやミックスを加えて全く新しい「スタジオ音源」を作り出すということでしょう。

どの日時/会場のライブテイクが採用されたのか、ましてや収録タイトルも現時点ではわかりませんが、
L⇔R時代の楽曲、さらに「Focus」以降にライブで発表されていた新曲群が初音源化される可能性もありそう。
いずれにしても、良質のブランデーのようにリスナーを気持ちよく酔わせてくれることは間違いなさそうです。
「V.S.G.P」が何の略なのか一日中考えながら、オフィシャルから発表される詳細情報を心待ちにしております。

そして、アルバム発売直後には東京グローブ座2daysライブ!


■ What is this song?/黒沢健一


> こんにちは。とらじろうです。ご無沙汰してしまってすみません。
> 残暑も暑いですがひろニクル様も奥様もベビニクルちゃんもお元気ですか?
>
> ブライアンの『Reimagines Gershwin』、本当に素晴らしいですね!
> 最近ずっと小沢健二の事ばかり考えていた私もようやく「脱小沢」出来そうです。
>
> ところで、私事で恐縮ですが、9月の初めくらいで「cat sounds」の更新をしばらく止めようと思っています。
> でもいつの日か復活しますのでリンクはそのまま入れておいて下さいね!


とらじろうさん、こんにちは!こちらこそご無沙汰してしまってすみません・・・。
ブログはいつも楽しく拝読しておりましたが、少しお休みされるそうで残念です。
いつか再開(再会)できる日まで、もちろんリンクはそのままにしておきますよー。
しっかり充電して、よりいっそうパワーアップした「cat sounds」を楽しみにしています。
とらじろうさんも、お身体ご自愛下さいね。メッセージありがとうございました。

> こんにちは、ちゃこりんです。
>
> さっき「ぴあ」からメールが来て「えっ!ライブ!?」とびっくりし、公式サイト見ても載ってないし・・・と思ったら!
> さすが、びっくり電話!情報が早いです~。
>
> ライブはさすがに行けないですが(涙)、アルバム(しかも2枚組み!)が出るということで安心ですー。
> 健一さんの「閃き」、非常に楽しみですね♪


ちゃんちゃこりんさん、こんにちは!ついに先生が動き出しましたねー。
夏バテしてる暇もないくらい忙しくしていたのではないかと推測しております。
ライブ&アルバムという2大特報に、おなかの子どももびっくりしちゃったんじゃないですか(笑)
先生の「閃き」がいまだかつて失敗だったことなんてありません。だから天才なんです。
ぜひ「2人」で(できればあまり興味なさそうな旦那様含む「3人」で)、アルバム聴けたら最高ですね。

> ぐわっし!夜勤明けの頭で思わずそう叫んでしまった。
> 先生ついに動くんだね!しかし12月に2本のライブはきついなぁ・・・。
> でもなんとか行きたい!!これはやっぱりボーカル、ストリングス、ギター、ピアノの略なのかな???
> とにかく年末に向けての楽しみが増えましたな。
>
> TAKE-C


夜勤おつかれさまー。先日は直接会えなくて残念でした・・・。
先生が動くときはいつも急!そして大胆!せわしない師走ですが僕たちは対応できるのでしょうか(笑)
あー、それだそれだ!V.S.G.P=ボーカル、ストリングス、ギター、ピアノ。さすが名探偵TAKE-Cくん。



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::黒沢健一


move