:: びっくり日記

健'z 『ライヴ・レターズ』公開収録

2005.06.05

健'z フジテレビ721『ライヴ・レターズ』公開収録
@日本工学院専門学校メディアホール
SETLIST

健'z
01.Vanilla Sky / Paul McCartney
02.I Just Wasn't Made For These Times / The Beach Boys
03.Every Night / Paul McCartney
04.Diary / Bread
05.Junk / Paul McCartney
06.I Just Wasn't Made For These Times(take2)
07.I Just Wasn't Made For These Times(take3)

健'z with Friends
01.Surf's Up / The Beach Boys
02.Forever / The Beach Boys
03.The Night Has A Thousand Eyes / Bobby Vee
04.This I Swear / The Skyliners
05.Love and Mercy / Brian Wilson
06.Surf's Up(take2)
07.Surf's Up(take3)
08.Surf's Up(take4)
09.Forever(take2)
10.The Night Has A Thousand Eyes(take2)
11.The Night Has A Thousand Eyes(take3)

+ + + + +

健'z観覧のため、東京都大田区蒲田まで。
蒲田なんて何年ぶりだろう・・・。学生時代にボン・ジョヴィファンのオフ会に参加したとき以来か。

会場は日本工学院専門学校のメディアホールというところ。
僕はてっきり視聴覚教室のような場所をイメージしてたんだけど、
そのへんのライブハウスより立派なステージだったのでびっくり。

普通こういう公開収録のときって前説がありますよね?拍手の練習したり、軽妙なトークで会場の空気を和ませたり。
ところが今日は「お越しいただき誠にうんぬん・・・」という場内アナウンスが少しあっただけで、いきなりステージ暗転。
隣りに座った友達と「あれ?前説ないのかな?」なんて話してたら、ステージ奥から人影が。

「来た、前説!」

いや待て。あれ、健一先生ですから(笑)
1曲目はアルバム「健'z」同様、“Vanilla Sky”から。
ステージも客席も、普段のCRTの砕けた雰囲気と勝手が違うためか、どこか強張った空気に支配されてまう。
曲が終わると健太さんの「デブは汗かいちゃって」発言。照明が強いから暑いんですよね。健太さんガンバレ!

2002年7月の「ビーチボーイズ・トリビュートライヴ」における“Surf's Up”中断事件の真相が健一先生の口から語られました。
カメラマンのシャッター音が気になって歌い直したときね。あのときが“Surf's Up”初演だったんだけど、
もうこんな曲をアコギ1本でカバーするなんて奇特なことは最初で最後かもしれないということで
「自分的にちゃんと歌いたかった」ということです。プロだなぁ。
ホームグラウンドであるロフトプラスワンと違い、今日は広い会場で演奏していることに言及された先生が一言。

「(広い会場だと)じゃんけんできないんですよね」

先生のもうひとつの顔(素顔?)である“じゃん”健一を知らない視聴者には、この発言の意味は全く伝わらない(笑)
ま、ホントにじゃんけんのひとつでもしてくれたほうが、場の空気は和んだかもしれませんね。

司会の阿部知代アナウンサーの「ンズ」というアクセントに観客全員が違和感を感じるなか、“駄目な僕”へ。

曲が終わると、またもや健太さんの「すげー汗かいちゃった」発言。「デブは動きを止めると汗かくんですよ」とも。
そう、僕も会社に遅刻しそうになって毎日ダッシュしてるんですが、
席に着いてやれやれと落ち着いてから、ドバーっと汗が吹き出てくる。
「黒沢くんにもデブを体験してもらいたいですね」と健太さん。

その後、「僕はエコロジー」という先生の意味不明な発言に会場の空気が凍てつくなか、
おなじみの名曲“Every Night”へ。もちろんエンディングは「♪エブリナァァ~イ」バージョン。

4曲目は2ndアルバムにも収録されるBreadの“Diary”。
健一先生の声の伸び、艶。この曲では一層引き立ちます。CDでは至極まともな訳詞だそうです。そりゃそうだ(笑)

第1部ラストの曲は、なんと“Junk”。超久しぶりだったので感激!
だって、アルバムレコ発インストア(池袋)以来ですよー。
with Friendsでは、こういう闇に沈み込むような暗さと儚さをたたえた曲はあまり演奏されなくなった。
もちろん4人体制の重厚で繊細なコーラスワークも魅力的なんだけど、
先生の息づかいひとつまで美しく響く、オリジナル健'zも最高です。

その後は“駄目な僕”のリテイク。テイク2では健太さんがギターをミスり、テイク3でOK。

ちなみに今回の収録は第1部と第2部で座席を移動することになっていたんですけど、
第1部では僕の前に座っていた方の後頭部がブラインドになり、先生の表情などが全く窺えなかったのが残念でした。
でも、懐かしい曲を中心に先生の声が満喫できて嬉しかったです。

休憩を挟んで第2部スタート!席に座るやいなや「こんにちは~」と、やっちん。
ところが客席からの「こんにちはー」は、まばら(笑)
「こんにちはって言われたら、こんにちはでしょ?」と健太さん。
やっちん:「なんか静かですね、今日は」
健一先生:「そうなんですよ・・・」

いや、だってCRTのように盛り上がるわけにもいかないし。あんまり大きい声で笑ったりできない雰囲気でしたからね。

ワン、ツーという健太さんのカウントから“Surf's Up”。曲が終わってみなさんからのお手紙コーナー。
“音楽評論界の重鎮”と評された健太さんがすかさず一言。「重さには自信ありますよ~」
健一先生には曲によって色々な神が憑依しているという。黒沢健一イタコ説?
4人を大大大絶賛する熱いお手紙に会場もヒートアップ!(ウソ)

2曲目は高田さんメインボーカルで“Forever”。
曲終盤では、新しいコーラスアレンジの出現にびっくり。アルバム収録バージョンでしょうか。

3曲目はやっちんメインの“The Night Has A Thousand Eyes”。
途中でギターミスがあったようで(気付かなかった)、曲が終わってから健太さんが「後でもう一度やっていい?」

4曲目は“This I Swear”。この曲を歌う健一先生の声が一番好き。

ここで突然「60秒質問コーナー」。えーーーーーーー。こんな番組の構成でいいの?
“This I Swear”→“Love and Mercy”という美しい流れを寸断させてまでやるほどのコーナーじゃないと思う。
ま、僕が番組作ってるわけじゃないから別にいいんだけど。
いまハマっている音楽・アーティストは?の質問で、健太さんが「ザ・グッバイ」と答えると、
グッバイ大好きなやっちんも「グッバイ良いですよ」と。負けじと先生も「エルアールも良いですよ」と自画自賛(笑)

もちろんラストは“Love and Mercy”。

「健'zにとってライブとは?」という阿部アナの問いに、
「コミュニケーションですね。お客さんとの。音楽との」と、健一先生が答えて番組は終了しました。

リテイクは、なんと1曲目から3曲目まで。マジですか。
“Surf's Up”は、テイク2が“♪ドーミーノー”部分でギターミス。
テイク3はAメロで先生のボーカルストップ。テイク4でOKでした。“Forever”はテイク2で一発OK。
“The Night Has A Thousand Eyes”のテイク2は、やっちんNG。テイク3で無事OKが出ました。
これで収録はすべて終了です。

メンバーのみなさん、客席のみなさん、長時間お疲れ様でしたー!
ちなみに番組オンエア日は、健'z with Friendsが7月3日、健'zが8月21日とのことです。




これ、受付で配布された座席券なんですが、僕の券にはなぜか番組ロゴが印刷されていました。
「ひょっとしてこれ、最後にプレゼントとかもらえるんじゃない!?」
なんて、勝手にひとりで想像して盛り上がってたんですが、何事もなく退場と相成りました(笑)

うーん、いったいなんだったんだこのロゴは・・・。


■ Ruby Baby/The Drifters


> 健'zライブ公開録画観覧にご当選おめでとう~☆ 楽しんできてくださいね。
> 野球の話、背番号が打順になると思っていた人も・・・。
> 時代劇いいですよね!大江戸捜査網が大好きでした。あと伝七捕物帖ラブ☆


ありがとうございますー。しっかり楽しんできましたよ!
背番号=打順だと思い込んでいたのは、清水ミチコさんですね。
やはり野球実況はアラビア語に聞こえるんでしょうか(笑)
伝七はこれまた色々な方が演じられていますよね。中村梅之助ラブ☆

> お久しぶりです、なぎです。私もなんとか健'z観覧の電話来ました。
> 4倍もの競争率だったのですか、やはり人気あるんですねー。
> ところで金魚カフェって可愛い感じですね。
> しかし私は金魚がものすごく苦手なので、落ち着いてくつろいだりは出来ないかも。
> 遠くから見る分には綺麗なサカナだと思うんですけど、あの鮮やかな色と質感が駄目みたいです。
> なんでなのかなー。


なぎさん、ご無沙汰しておりました。収録会場では少しでしたがお会いできて嬉しかったです。
あれー、金魚ダメだったんですか?金魚カフェは、店内とにかく金魚だらけなんですよ。
奥には水槽があって、金魚ちゃんが悠々と泳いでますし。なぎさんは絶対にリラックスできないですね(笑)

> みんみんです。電話きませんでした。
> 代わりに落選通知のメールが届きました。残念です。
> 放送後でもいいのでセットリスト待ってますよ~!


すみません、放送前にセットリスト上げちゃいました(笑)
今回はセットリスト的にはサプライズ無しでしたね。
落選は残念でしたけど、次のチャンスにはきっと良いことありますよ!

> 健'z観覧、当選されたんですね。オメデトウございます!
> 私は地方在住のため応募もできず、テレビも見れません(泣)
> どんなのだったか教えてくださいね~。それを頼りに想像(妄想?)しますから(笑)
> では楽しんできてくださいね。


ありがとうございます。
今回はセットリストだけ上げて、「詳細はテレビ観てね」の一言でレポ済まそうと思ってたんですよ。
でもメッセージをいただいて、観覧もできずテレビも観られないというファンの方もいらっしゃることに気付きまして、
拙いレポでもいいから書いてみようと考えを改めたのでした。雰囲気だけでも伝われば良いんですけど・・・。

> こんばんは。
> 今日は諸事情により地方にいる為、健'zの公録に行けません(ToT)
> 参加されてる方すごく羨ましいです!!
> ひろりんさんの健'z速報を首を長くして待ってます。今日の健ちゃんどんなでしたか?


おつかれさまです。公録は無事に終わりましたー。
初めはCRTと違う雰囲気にちょっと戸惑い気味だった先生ですが、コンディションは最高だったと思います。
テレビなので健一先生(ボケ)と健太さん(ツッコミ)の掛け合いは控えめ。そこだけ物足りなかったです(笑)



メッセージはお気軽にどうぞ。

黒沢健一::健'z